banner

赤外線温度計市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
赤外線温度計市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

赤外線温度計市場は、2022年に約25 億米ドルの市場価値から、2031年までに約50億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に9.2%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/infrared-thermometer-market/114087

COVID-19患者数の増加、と製造部門および建設用途全体での赤外線温度計の採用の増加は、市場の成長を推進する主な要因です。COVID-19は、主に人から人への密接な接触を通じて広がると考えられています。これには、物理​​的に互いに近い(6フィート以内)人の間も含まれます。感染しているが症状が出ていない人も、ウイルスを他の人に広める可能性があります。 COVID-19による再感染の症例も報告されていますが、そのような症例はまれです。赤外線温度計は、耳や額から放出される熱放射(赤外線)を測定して体温を推測することができます。インイヤー温度計の場合、各人に新しいイヤープローブジャケットを使用する必要があり、測定時には外耳道をまっすぐに引っ張る必要があります。額の体温計は、診断目的ではなくスクリーニングに使用されます。したがって、ほとんどの公共の場所では、住宅および商業の最終用途での赤外線温度計の使用が大幅に増加しています。 COVID-19の症例数の増加に伴い、空港、スタジアム、モール、銀行、金融機関などの住宅や公共エリアでの赤外線温度計の使用が大幅に増加すると予想されます。

しかし、赤外線温度計の精度の問題は市場の成長を抑制する可能性があります。

赤外線温度計市場セグメント

赤外線温度計市場は、タイプ別(固定、ポータブル)、コンポーネント別(光学、ディスプレイ、インターフェースユニット)、アプリケーション別(医療、非医療)、エンドユーザー別(住宅、商業、産業)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、20222031年の間に、ポータブルセグメントは最も急速に成長しているセグメントです。

赤外線温度計市場は、固定、ポータブルの2タイプに大きく分類されます。 ポータブルセグメントが赤外線温度計市場の成長を支配すると予想されます。 産業用および商業用の最終用途でのポータブル赤外線温度計の使用は、ポータブル赤外線温度計の高い採用の要因です。 ハンドヘルド赤外線温度計は、非接触で安価で使いやすいデバイスであり、迅速な温度測定に役立ちます。 COVID-19の症状の1つとして体温が高いため、ポータブル赤外線温度計はさまざまな商業施設での温度スクリーニングに広く使用されています。

赤外線温度計市場の地域概要

赤外線温度計市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域の市場は予測期間中に最大の成長率を記録します。

APAC地域の市場は、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。 この地域は予測期間中に世界市場を支配すると予想されています。商業、工業、住宅の最終用途セグメントでの体温計の採用の増加は、この地域の市場の成長を推進しています。 価格競争力のある市場、低コストの製品の入手可能性、地元のメーカーの存在、人口増加、ヘルスケアへの投資などの要因も、予測期間中にAPAC地域の市場の成長を後押しします。

赤外線温度計市場の主要なキープレーヤー

赤外線温度計市場の主要なキープレーヤーには、Fluke(米国)、FLIR(米国)、Testo(ドイツ)、Omron(日本)、Microlife(台湾)、Hill-Rom(米国)、Omega Engineering(米国)、PCE Instruments(英国)、Chino Corporation(日本)、 AMETEKランド(英国)などがあります。この調査には、赤外線温度計市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114087

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp