banner

インシデントおよび緊急事態管理市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
インシデントおよび緊急事態管理市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

インシデントおよび緊急事態管理市場は、2031年までに約502億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に7%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/incident-and-emergency-management-market/110597

自然災害や災害の事件は、何年にもわたって驚異的に増加しています。「OurWorldinData」の統計によると、自然災害により年間60000人が死亡しています。国連防災局(UNDRR)からの2019年の報告によると、2000ー2019年の間に世界中で約39億人が自然災害の影響を受けました。前述の統計は、自然災害や災害に対する適切な監視と準備の必要性を高めています。円滑な監視と準備分析のために、インシデントおよび緊急事態管理プラットフォームは重要な側面を形成します。

世界的な政府規制の強化により、インシデントおよび緊急事態管理市場は大幅なペースで成長しています。いくつかの国では、災害管理ポリシーに関して厳格な規制を実施して、このような厄介な事件に対処するための各組織の準備を改善しています。さらに、事件および緊急事態の管理は、民間人の間のパニックを減らすことにつながる効果的かつ体系的な方法でそのような事件に取り組むために職員を準備します。これは、予測期間中にインシデントおよび緊急事態管理市場の成長を推進しています。自然災害の数は過去20年間で増加しています。環境サイクルの不均衡と地球温暖化の高まりは、津波、暴風雨、地震などの自然災害の発生につながっています。

自然災害で成功する救助活動の重要な要素は、災害の正確な場所を知る時間です。世界中で自然災害の頻度の増加は、インシデントおよび緊急事態管理市場の成長を後押しすると予想されます。たとえば、国連によると、2018年だけでも、世界中で約6000万人が異常気象の影響を受けました。地震、火山活動、津波により数千人の命が失われ、干ばつ、地震、暴風雨により数百万人が避難しました。これらすべての要因は、予測期間中にインシデントおよび緊急事態管理市場の成長を牽引する可能性があります。

インシデントおよび緊急事態管理市場セグメント

インシデントおよび緊急事態管理市場は、コンポーネント別(ソリューションとサービス)、エンドユーザー別(政府、石油・ガス、不動産・建設、製造、エネルギー・ユーティリティ、ヘルスケア、教育、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

インシデントおよび緊急事態管理市場の地域概要

北米地域は、世界のインシデントおよび緊急事態管理市場で最大の市場規模を保持すると予想されます。北米地域は、インシデントおよび緊急事態管理ソリューションとサービスの採用に関して、主要な地域になると予想されています。米国やカナダなどの北米の先進国では、研究開発(R&D)と技術から得られるイノベーションに高い焦点が当てられています。これは、この地域のインシデントおよび緊急事態管理市場の成長に貢献しています。一方、アジア太平洋(APAC)のインシデントおよび緊急事態管理市場は、予測期間中に最大のCAGRで成長する可能性があります。これは、人々を災害から守るための緊急および災害管理システムに対する政府支出の増加に起因しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

インシデントおよび緊急事態管理市場の主要なキープレーヤー

インシデントおよび緊急事態管理市場の主要なキープレーヤーには、Alert Technologies Corporation、Campbell Scientific、Early Warning Labs, LLC、ESRI、Everbridge、GeoSIG Ltd、Güralp Systems Ltd.、Hanwell Inc.、Honeywell International Inc.、HWM-Water Ltd、Internationals Business Machines Corporation、Jenlogix、Kinemetrics, Inc.、Lockheed Martin Corporation、Motorola Solutions, Inc.などがあります。この調査には、インシデントおよび緊急事態管理市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110597

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp