One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   Global bioinformatics market

世界のバイオインフォマティクス市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2030年


世界のバイオインフォマティクス市場ーテクノロジー・サービス別(知識管理ツール、バイオインフォマティクスプラットフォーム)、アプリケーション別、エンドユーザー別、および地域別ー予測2022ー2030年


バイオインフォマティクス市場は、2022年に110.6億米ドルの市場価値から、2030年までに266.7億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に13.4%のCAGRで成長すると予想されています。

バイオインフォマティクスは、生物学と情報技術の融合であり、生物学データと情報の保存、配布、評価の手法を組み合わせて、生物医学を含む科学研究のさまざまな分野をサポートします。また、医学研究や医薬品開発の分野で生物学的データの管理に広く使用されています。多くの場合、バイオインフォマティクスは、データベースの作成、データマイニング、データウェアハウジング、データ管理、および通信ネットワーキングのためにコンピューターソフトウェアツールを利用します。このように、バイオインフォマティクスは、この技術によって生成された大量のデータとして広く受け入れられており、潜在的な研究および医療目的に必要でした。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/bioinformatics-market/111649

RasMol、AUTODOCK、BALLなどのユーザーフレンドリーですぐに利用できるバイオインフォマティクスソフトウェアの出現、およびバイオマーカー発見プログラムの正確で効率的な評価のためのこれらのツールの急増する利用は、予測期間中にバイオインフォマティクス市場の成長を推進しています。さらに、創薬と開発への資金の急増、およびシーケンシングコストの削減によるタンパク質シーケンシングと核酸の有用性の高まりも、バイオインフォマティクス市場の成長に貢献しています。インド政府のイニシアチブ「PharmaVision2020」は、インドを創薬の主要なハブにすることを目標としています。このイニシアチブを達成するために、インド政府は2020年に9億4,280万米ドル相当の資金を投資し、持続可能な費用対効果を推進する3つのメガドラッグパークを建設します。同様に、2020年5月、米国政府は、新しい製薬会社であるPhlow Corp.と、国内での医薬品または医薬品の生産を拡大するための3億5,400万米ドルの4年間の契約に署名しました。これにより、世界中のバイオインフォマティクス市場の成長が強化されることが期待されます。

しかし、十分に特徴付けられた標準の欠如、およびデータを組み込むための通常のデータ形式は、2022ー2030年の予測期間中にバイオインフォマティクス市場の成長を抑制する可能性があります。

バイオインフォマティクス市場セグメント

バイオインフォマティクス市場は、テクノロジー・サービス別(知識管理ツール、バイオインフォマティクスプラットフォーム、バイオインフォマティクスサービス)、アプリケーション別(メタボロミクス、分子系統学、ゲノミクス、プロテオミクス、その他)、エンドユーザー別(医療バイオインフォマティクス、動物バイオインフォマティクス、農業バイオインフォマティクス、学術、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

バイオインフォマティクス市場の地域概要

バイオインフォマティクス市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、創薬と開発およびゲノム研究に関するイニシアチブの高まり、とこの地域に多数の市場ベンダーが存在することに起因しています。一方、アジア太平洋地域のバイオインフォマティクス市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。バイオファーマ業界でのIoTテクノロジーの高い採用、と中国やインドなどの発展途上国での医薬品開発に対する政府の資金調達の増加などの要因は、アジア太平洋地域のバイオインフォマティクス市場に有利な成長の機会を生み出します。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-111649

バイオインフォマティクス市場の主要なキープレーヤー

バイオインフォマティクス市場の主要なキープレーヤーには、Agilent Technologies, Inc.、Biomax Informatics AG、Dnanexus, Inc.、Genedata AG、Intrexon Bioinformatics Germany GmbH、Illumina, Inc.、PerkinElmer, Inc.、QIAGEN N.V.、Seven Bridges Genomics, Inc.、Thermo Fisher Scientific, Inc.などがあります。この調査には、バイオインフォマティクス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info
[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]
SDKI.Inc
電話:+ 81 3 45720790  
Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+