banner

光ファイバコネクタ市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
光ファイバコネクタ市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

光ファイバコネクタ市場は、2022年に52.4億米ドルの市場価値から、2031年までに93.6億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に7.52%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/fiber-optic-connectors-market/110590

光ファイバコネクタ(FOC)は、2つの光ファイバを機械的に接続するために使用されます。これにより、光を一方のファイバのコアからもう一方のファイバに伝送して、光ファイバ接続機器をリンクできます。マルチモードファイバとシングルモードファイバには、さまざまなタイプのコネクタが使用されています。FOCは重要なテクノロジーであり、外部のプラントアプリケーション、公共の通信ネットワーク、および顧客宅内の配線設備で光ファイバーを使用できるようにします。光ファイバはすべての光信号の伝送に役立ち、光ファイバコネクタは光デバイスと電気光学デバイス間のこれらの信号の低損失透過率を可能にします。

長距離伝送およびクラウドコンピューティングアプリケーション向けの通信およびデータセンターセクターでの光ファイバーコネクタの使用の増加は、予測期間中に世界の光ファイバーコネクタ市場の成長を後押しすると予想されます。ファイバは、特にパッシブ光ネットワーク(PON)の需要が高まるにつれ、ローカルエリアネットワークおよびエンタープライズネットワークでますます実現可能なオプションになりつつあります。高帯域幅のパフォーマンスと指数関数的な距離の特性により、次世代ネットワークインフラストラクチャ用の光ファイバーコネクタのさまざまなオプションが開かれています。エネルギー消費、重量、スペースの高効率、およびセキュリティと設置の利点など、光ファイバーコネクタの他の特性により、これらのコネクタの大規模生産が容易になります。技術の進歩により、短距離での伝送速度とデータ量に対する需要の高まりに対応するための媒体であるマルチファイバーコネクタの製造が可能になりました。これらの要因は、光ファイバコネクタ市場の成長を牽引すると予想されます。

光ファイバコネクタ市場セグメント

光ファイバコネクタ市場は、タイプ別(LC(ルーセントコネクタ)、SC(標準コネクタ)、CSコネクタ、SNコネクタ、ST(ストレートチップ)コネクタ、MPO / MTP(マルチファイバプッシュオン/プルオフ)コネクタ、MXCコネクタなど) 、アプリケーション別(テレコム業界、データセンター、DWDMシステム、レーザー、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

光ファイバコネクタ市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域の光ファイバーコネクタ市場は、予測期間中に拡大すると予想されます。これは、主要な市場プレーヤーの存在、技術の進歩、およびこの地域における電気通信およびデータセンターアプリケーションの成長に起因しています。さらに、この地域の通信ネットワークにおける高データレートおよび長距離伝送用の通信アプリケーションの大幅な増加は、2025年までに1,987.10百万米ドルに達すると予測されており、予測期間中にこの地域の光ファイバコネクタ市場の成長にも貢献しています。一方、アジア太平洋地域の光ファイバーコネクタ市場は予測期間中に7.83%の最大のCAGRで拡大する可能性があります。これは、光ファイバーコネクタを製造している多数のプレーヤーが存在するためです。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

光ファイバコネクタ市場の主要なキープレーヤー

光ファイバコネクタ市場の主要なキープレーヤーには、Amphenol Corporation、Broadcom Limited、Corning Cable Systems LLC、Diamond SA、Furukawa Electric Co. Ltd.、Hitachi Ltd.、Hirose Electric Co., Ltd.、Molex, LLC、Radiall、Senko Advanced Components、Sumitomo Electric Industries, Ltd.、TE Connectivity Ltd.、US Conec Ltd.などがあります。この調査には、光ファイバコネクタ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110590

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp