banner

組込み型アンテナシステム市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
組込み型アンテナシステム市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

組込み型アンテナシステム市場は、2022年に約42億米ドルの市場価値から、2031年までに約128億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に14.9%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/embedded-antenna-systems-market/116375

モノのインターネットデバイスにおける組み込みアンテナの採用の増加、IoTアプリケーションにおける低電力広域(LPWA)ネットワークの需要の高まりなどは、組み込みアンテナシステム市場の成長を促進する重要な要因です。モノのインターネット(IoT)エコシステムは、国内および産業用アプリケーション向けのさまざまなスマート製品の可用性により、急速に成長しています。IoTのアプリケーション分野には、スマートホーム、スマートグリッド、産業用インターネット、コネクテッドカーなどがあります。さまざまな用途で使用されるIoTモジュールがコンパクト化するにつれて、IoTデバイスに複数の無線技術を組み込む必要性が高まっています。組み込みアンテナは小型であるため、IoTソリューションの小規模な設計のための低周波アプリケーションに最適なオプションです。その結果、さまざまなIoTアプリケーションからの組み込みアンテナに対する高い需要が生じています。

組込み型アンテナシステム市場セグメント

組込み型アンテナシステム市場は、アンテナタイプ別(チップ、パッチ、PCBトレース、FPC)、接続性別(Wi-Fi/Bluetooth、GNSS/GPS、セルラー、LPWAN、UWB)、エンドユーザー別(家電、自動車および輸送、産業、通信、ヘルスケア、航空宇宙および防衛など)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アンテナタイプに基づいて、チップアンテナセグメントは、予測期間中に組み込みアンテナシステム市場で最大のシェアを保持しています。

アンテナタイプに基づいて、組み込みアンテナシステム市場は、PCBトレースアンテナ、チップアンテナ、パッチアンテナ、FPCアンテナなどに分割されます。組み込みアンテナシステム市場のチップアンテナセグメントは、他のすべてのアンテナタイプよりも最大の市場シェアを保持すると予測されています。これは、世界中の家電メーカーがチップアンテナを大量に消費しているためです。

エンドユーザーに基づいて、家電セグメントは予測期間中に組み込みアンテナシステム市場で最大のシェアを保持しています

エンドユーザーに基づいて、組み込みアンテナシステム市場は、家電、自動車および輸送、産業、通信、ヘルスケア、航空宇宙および防衛などに分かれています。家電セグメントは、2022ー2031年の間に組み込みアンテナシステム市場で最大のシェアを占めています。これは、これらのアンテナがスマートフォン、タブレット、スマートTV、ウェアラブル、ゲーム機、およびBluetooth、WLAN、Wi-Fi、GPSなどのワイヤレスアプリケーション用の他の周辺機器で広く使用されているためです。

組込み型アンテナシステム市場の地域概要

組込み型アンテナシステム市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、アジア太平洋地域は予測期間中に組み込みアンテナシステム市場で最大のシェアを占めています。

すべての地域の中で、APACの市場は2020年に最大の市場シェアを保持しました。アジア太平洋地域の市場も、この地域に家電メーカーが集中しているため、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。アジア太平洋地域の開発途上国におけるスマートフォンやスマートホームデバイスの普及は、この地域の組み込みアンテナの需要に拍車をかけると予想されます。中国とインドの都市計画とスマートシティ開発への政府投資は、予測期間中にIoTデバイスに新たな成長機会を提供すると予想されます。 これにより、セルラーおよびLPWAN接続機器への組み込みアンテナの採用が促進する可能性があります。

新型コロナウイルスは世界経済に大きな影響を与えています。日本、中国、韓国、インド、オーストラリアを含むAPACの経済は、世界経済に大きく貢献しています。これらは世界の様々な製造および組立工場の本拠地です。中国は世界の製造拠点として知られています。ウイルスの蔓延により、深刻な経済危機に直面しており、すべての経済活動を数週間停止させました。インド、オーストラリア、韓国、日本などの他の国でも、さまざまなセクターの経済活動が落ち込んでいます。

組込み型アンテナシステム市場の主要なキープレーヤー

組込み型アンテナシステム市場の主要なキープレーヤーには、Molex (米国)、Taoglas (アイルランド)、Kyocera AVX (米国)、Linx Technologies (米国)、Antenova Ltd. (イギリス)、Yageo Corporation (台湾)、Abracon (米国)、Ignion (スペイン)、TE Connectivity (スイス)、などがあります。この調査には、組込み型アンテナシステム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-116375

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp