banner

電気導管市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
電気導管市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

電気導管市場は、2022年に約69億米ドルの市場価値から、2031年までに約118億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に6.9%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/electrical-conduit-market/115325

工業化と都市化の急速なペース、および世界中の電力または発電の需要の増加は、電気導管市場の推進要因です。電線管市場の成長は、公共の安全に対する意識の高まり、と政府による安全規制の実施に起因しています。2020年には、電気導管市場は、CAGRの大幅な低下により、COVID-19パンデミックの影響を大きく受けました。建設部門が経済に与える影響により、回復が期待されます。サプライチェーンの混乱、労働力と資材の不足により、活動は継続する可能性がありますが、遅延と停止が予想されます。

2020年には、連邦、州、および地方レベルで発行された安全および政府の命令は、電気導管メーカーおよびサプライヤーに重大な影響を与えました。COVID-19のパンデミックは、世界中のすべてのビジネスに影響を与えています。ウイルスの蔓延を防ぐための連邦政府(米国)のガイダンスと、州および地方レベルで発行されたシェルターインプレース命令により、企業は日常業務を変更することを余儀なくされています。

電気導管市場セグメント

電気導管市場は、タイプ別(剛性・柔軟性)、素材別(金属・非金属)、エンドユーザー別(建築・建設、工業製造、IT・通信、石油・ガス、エネルギー・公益事業、その他)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

素材に基づいて、非金属セグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されます

非金属導管セグメントは、剛性導管と可撓性導管の両方で一般的です。これらの導管は、取り付けが簡単で、軽量で、手で曲げることができます。さらに、非金属導管はまた、腐食に対する耐性および湿気の侵入からの良好な保護を提供します。電気導管に使用される非金属材料には、PVC、PP、HDPE、および他の材料が含まれます。地上で使用する場合、非金属製コンジットは難燃性で丈夫で、熱、日光、および低温の影響に耐える必要があります。

エンドユーザーに基づいて、建築・建設セグメントは、予測期間中に電気導管市場の成長において最大のシェアを占めています。

2020年には、建築・建設セグメントは電気導管市場全体の54.6%の最大のシェアを占めています。建築・建設は、電気導管市場における主要な最終用途産業です。建築・建設業界は、住宅と商業のセグメントに分けることができます。商業ビルには、ショップ、ショッピングモール、レストラン、銀行、ホテル、倉庫、オフィスなどがあります。全米防火協会によると、電気障害は火災の2番目に大きな原因であると考えられていました。その結果、米国の住宅の約13%が、無人の設備と配線のために火災に見舞われました。また、民間人の死亡者の18%と物的損害の約20%は電気障害によるものです。

電気導管市場の地域概要

電気導管市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域は、電線管市場の最大の地域です。

2020年には、APAC地域は世界の電気導管市場をリードしており、37.8%のシェアを保持しました。APAC地域は、中国、日本、インド、韓国、とその他のアジア太平洋地域に分割されています。原材料と人材の入手可能性、および高度な技術と革新は、APAC地域の経済成長を牽引してきた要因です。世界銀行によると、APAC地域の2つの経済大国である中国と日本は、2020年現在、世界で2番目と3番目に大きな経済大国です。

2020年には、価値の面では、APACは電気導管の最大の市場でした。急速な経済発展とインフラ開発における政府のイニシアチブに牽引される建設産業の成長により、APACの新興経済国は電気導管に対する大きな需要を持つと予想されます。さらに、これらの国々の人口増加は強力な顧客基盤を表しています。

電気導管市場の主要なキープレーヤー

電気導管市場の主要なキープレーヤーには、Atkore International Group Inc. (米国)、Hubbell Incorporated (米国)、Legrand S.A. (フランス)、Schneider Electric SE (フランス)、and Sekisui Chemical Co., Ltd. (日本)、などがあります。この調査には、電気導管市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-115325

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp