banner

クラウドTV市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
クラウドTV市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

クラウドTV市場は、2022年に約14 億米ドルの市場価値から、2031年までに約71億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に21.9%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/cloud-tv-market/114083

クラウドTVプラットフォームは、オーディオ、ビデオ、リッチメディア、およびその他のメディアコンテンツをインターネット経由で配信するために使用されます。 クラウドTVは、インターネットを介したワイヤレス接続を介して、スマートフォン、タブレット、接続されたTVなどのエンドユーザーのハンドヘルドデバイスを介して配信されます。これは、 ライブTV、ビデオオンデマンド、Webサーフィンなどの機能を提供します。テクノロジーと消費者行動の進歩により、ビデオコンテンツが消費者に配信される方法が変化しています。

これらの進歩には、従来の放送モデルとプラットフォームから、インターネットを介したデジタル配信、さまざまな接続デバイスへの移行が含まれます。 この根本的な変化は、放送局と通信プロバイダーに3つの大きな混乱を引き起こしており、それぞれがクラウドTVプラットフォームのスケーラビリティ、コストの柔軟性、および俊敏性を求めています。オンラインビデオの消費量は、過去10年間で大幅に増加しています。 顧客はOTTビデオとインターネットサービスの使用に慣れています。 したがって、それらはより調整されたインタラクティブな視聴体験を大切にしています。

クラウドTV市場セグメント

クラウドTV市場は、展開タイプ別(パブリッククラウドとプライベートクラウド)、デバイスタイプ別(STB、携帯電話と接続されたTV)、組織の規模別(中小企業、大企業)、業種別(通信会社、メディア組織、 および放送局)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

デバイスタイプに基づいて、携帯電話と接続されたTVセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長します。

Netflix、Hotstar、Amazon Prime などのビデオ ストリーミング プラットフォームの開始が増加していること、とインターネットの普及率が高まっていることが、スマートフォンの普及率の上昇の原因です。これが、デジタル ビデオの消費の増加につながっています。ソーシャルネットワーキング、チャット、eコマースアプリに続いて、エンターテインメントアプリはスマートフォンユーザーの間で最も浸透しているアプリカテゴリになりました。インターネットの普及が進んでいるため、スマートフォンの数が増えており、クラウドTV市場全体の成長に貢献しています。コネクテッドTVは、STC、Orbit Showtime Network(OSN)、Samsungなどのプロバイダー、放送局、メーカーとともに世界的に急速に進化しているため、消費者はスマートデバイスを介してコンテンツへのアクセスを増やすことができます。これらのテレビはワイヤレスシステムに接続されているため、見たいものを簡単に見つけることができます。

クラウドTV市場の地域概要

クラウドTV市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、APAC地域の市場は予測期間中に最大のCAGRで成長します。

APAC地域の市場は、予測期間中に最大のCAGRを記録すると予測されます。この地域は、中国、日本、インド、シンガポールなどの国で構成されており、APAC地域でのクラウド TV ソリューションの成長に大きく貢献することが期待されています。これは、個人がスマートフォン、タブレット、テレビなどの複数のデバイスでコンテンツを消費することがますます増えているためです。GSMAによると、2025年までに、APAC地域には27億人のモバイルインターネットユーザーがいる可能性があります。GSMA によると、2025 年までに、APAC には 27 億人のモバイル インターネット ユーザーがいると予想されています。。これにより、クラウドTVソリューションの採用が増えることが期待されます。

APAC地域でのソーシャルメディアとゲームの急速な成長により、クラウドTVソリューションの需要が高まっています。個人によるビデオストリーミングの採用の増加は、市場の成長を牽引している主な要因の1つです。市場のプレーヤーがより良い製品やサービスを考え出すことを可能にするライブストリーミングに対する需要が高まっています。この需要の増加は、市場の成長を推進しています。発展途上地域は、予測期間中に市場を大きく形作る可能性が最も高い成長の可能性を秘めています。これは、インターネットの普及が進み、構成されているスマート デバイスの数が増えているためです。

クラウドTV市場の主要なキープレーヤー

クラウドTV市場の主要なキープレーヤーには、Technologies(英国)、Muvi(米国)、IntelliMedia Networks(米国)、Pontis Technologies(アルゼンチン)、Mware Solutions(オランダ)、MatrixStream Technologies(米国)、CSG Systems International Inc(米国)、Viaccess-Orca(フランス)、Simplestream (英国)、MediaKind(米国)、Comcast Technology Solutions(米国)、ActiveVideo(米国)、Synamedia(英国)、などがあります。この調査には、クラウドTV市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-114083

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp