banner

生体インピーダンスアナライザ市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
生体インピーダンスアナライザ市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

生体インピーダンスアナライザ市場は、2022年に約472百万米ドルの市場価値から、2031年までに約1,028百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に10.2%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/bioimpedance-analyzers-market/115238

座りがちな生活環境、ジャンクフードの摂取、移動性の自動化などの不健康な生活習慣により、肥満、高血圧、糖尿病などのさまざまな生活習慣病が増加しています。CDCによると、肥満の世界的な有病率は、2000年の30.5%から2019年には42.4%に増加しました。 肥満は現在、世界的な流行と呼ばれています。全成人の約57.8%が2030年までに肥満に分類されると予想されています(出典:WHO、2020年)。 先進国に加えて、肥満は今や低中所得国でも流行しています。 2019年の時点で、アフリカでは、小児肥満の有病率は2000年以降約24%増加しています。生体インピーダンスアナライザは、人体の脂肪、筋肉、骨の量を正確に測定します。 これは、生体インピーダンスアナライザー市場の成長を後押しします。

インド、中国、ブラジルなどの新興経済国は、生体インピーダンスアナライザー市場で高い成長を遂げると予想されています。 この成長は、生活習慣病の蔓延の増加、健康と肥満についての意識の高まり、およびこれらの国々でのインフラの改善に起因する可能性があります。中国は、最近のインフラの改善、急速な経済成長、内需の増加、およびヘルスケア研究を支援するための官民のイニシアチブにより、この点で主な市場です。 中国の国務院は、2016-2020年の全国フィットネス計画を承認しました。この計画は、すべての全国的なフィットネスレベルを動機付け、スポーツへの参加を増やしています。

生体インピーダンスアナライザ市場セグメント

生体インピーダンスアナライザ市場は、タイプ別(単一周波数、複数周波数、デュアル周波数)、モダリティ別(有線、ワイヤレス)、アプリケーション別(セグメントボディ測定、全身測定)、エンドユーザー別(病院、ホームユーザー)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

製品に基づいて、複数周波数セグメントは、予測期間中に最も高い成長を目撃されます。

製品に基づいて、生体インピーダンスアナライザ市場は、複数周波数バインピーダンスアナライザ、単一周波数バイオインピーダンスアナライザ、およびデュアル周波数バイオインピーダンスアナライザにセグメント分類されます。

モダリティに基づいて、ワイヤレスバイオインピーダンスモダリティセグメントは、予測期間中にバイオインピーダンスアナライザ市場で最大の成長を記録すると予想されます。

モダリティに基づいて、バイオインピーダンスアナライザ市場は有線バイオインピーダンスアナライザとワイヤレスバイオインピーダンスアナライザに分類されます。ワイヤレスバイオインピーダンスアナライザセグメントは、予測期間中にバイオインピーダンスアナライザ市場で最も高い成長を目撃すると予測されています。ワイヤレス技術の進歩、と需要の高まりは、このセグメントの成長を支える主な要因です。

生体インピーダンスアナライザ市場の地域概要

生体インピーダンスアナライザ市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、アジア太平洋地域は予測期間中に最も高いCAGRを記録すると推定されます。

アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に最も高い成長率を記録すると予測されています。中国での肥満率の上昇、健康とフィットネスに対する意識の高まり、および日本の地元プレーヤーの強力な足場が、予測期間中にこの地域の市場の成長を牽引しています。

生体インピーダンスアナライザ市場の主要なキープレーヤー

生体インピーダンスアナライザ市場の主要なキープレーヤーには、Omron Corporation (日本)、Tanita Corporation(日本)、InBody (韓国)、 RJL Systems (US),  seca GmbH & Co. KG (ドイツ)、EVOLT 360 (オーストラリア)、SELVAS Healthcare (韓国)、 Charder Electronic Co. Ltd. (中国)、Fook Tin Group Holding Ltd. (中国)、Xiaomi (中国)、Lumsail Industrial Inc. (中国)、Bio-Medical Electronics Co., Ltd. (中国)、Bioparhom (フランス)、などがあります。この調査には、生体インピーダンスアナライザ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-115238

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp