banner

電池用コーティング市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
電池用コーティング市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

電池用コーティング市場は、2022年に約329百万米ドルの市場価値から、2031年までに約999百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に14.9%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/battery-coating-market/116521

電池用コーティングは、リチウムイオン二次電池の製造に使用されるコア技術です。これは、電気化学産業で自動車や自動車の性能を向上させるために使用される薄膜堆積技術です。電池用コーティングに使用される技術には、原子層蒸着、プラズマ化学気相成長法、および化学蒸着法が含まれます。アノード、カソード、セパレーターなどの基板には、それらを分離するための特定の材料がコーティングされています。これらが組み合わさって層状電極を形成します。

EV、HEV、PHEV(水素中華車)の高生産、とスマートデバイスやその他の家電製品の需要の高まりが、バッテリーコーティング市場の成長を牽引すると予想されます。しかし、高いコーティング技術コストは、この市場の成長の抑制として機能します。

電池用コーティング市場セグメント

電池用コーティング市場は、電池コンポーネント別(電極コーティング、セパレーターコーティング、バッテリーパックコーティング)、材料タイプ別(PVDF、セラミック、アルミナ、酸化物、炭素)、地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

電池コンポーネントに基づいて、電極コーティングセグメントは予測期間中に最大のCAGRを保持します。

電池コンポーネントに基づいて、電極コーティングは予測期間中に最も高いCAGRを保持します。 電池の高性能化と安全性のために、リチウムイオン電池における電極コーティングの需要の増加は、このセグメントの成長につながります。特にEV、スマートデバイス、エネルギー貯蔵システムにおいて、より持続可能なバッテリーの需要が高まっています。この需要は、電池用コーティング市場の電極コーティングセグメントの成長を牽引します。

材料タイプに基づいて、アルミナセグメントは予測期間中に最も高いCAGRを保持します。

材料タイプに基づいて、アルミナセグメントは予測期間中に最も高い速度で成長します。電池材料業界では、電池材料の継続的な革新と技術の進歩は、電極およびセパレータコーティングの急速な採用につながる可能性があります。この急速な採用は、アルミナ材料タイプのセグメントが成長する機会を提供します。

電池用コーティング市場の地域概要

電池用コーティング市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

地域に基づいて、アジア太平洋地域のバッテリーコーティング市場は、予測期間中に最も高いCAGRを保持しています。

アジア太平洋地域は、2022ー2031年の間に電池用コーティング市場で最も高いCAGRを保持しています。近年、この地域は自動車生産のハブとして浮上しています。この地域の新興国における最近のインフラ開発と工業化活動は、OEMに新たな道と機会をもたらしました。Samsung(韓国)、LG(韓国)、BYD(中国)、Panasonic(日本)、Sony(日本)などの大手リチウムイオン電池製造会社の存在も、アジア太平洋地域での電池用コーティングの需要を後押ししています。

電池用コーティング市場の主要なキープレーヤー

電池用コーティング市場の主要なキープレーヤーには、 Solvay SA (ベルギー)、Arkema SA (フランス)、PPG Industries, Inc. (米国)、Asahi Kasei Corporation (日本)、Mitsubishi Paper Mills Ltd (日本)、Ube Industries Ltd. (日本)、Tanaka Chemical Corporation (日本)、SK Innovation Co., Ltd (韓国)、Dürr Group (ドイツ)、Ashland Global Holdings Inc (米国)、Axalta Coating Systems Ltd (米国)、APV Engineered Coatings (米国)、Samco Inc (日本)、 Unifrax (米国)、and Targray Technology International Inc (米国)などがあります。この調査には、電池用コーティング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-116521

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 50 50509159  

Eメール:sales@sdki.jp