One Stop Solution For In-Depth Market Research Reports

詳細な市場調査レポートのワンストップソリューション

Home    >    >   Automatic Fingerprint Identification System Market

自動指紋識別システム市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2030年


自動指紋識別システム市場ーコンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、識別別(潜在印刷識別およびテンプリント識別)、業界別、および地域別ー世界の予測2022ー2031年


自動指紋識別システム市場は、2022年に114.6億米ドルの市場価値から、2031年までに562.4億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に22%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/automated-fingerprint-identification-systems-market/110697

自動指紋識別システムは、指紋のデジタル画像を使用し、指紋レコードのデータベースと比較して個人の身元を特定する生体認証システムのブランチです。自動指紋識別システムは、個人の身元を特定するために、法執行機関やセキュリティアプリケーションで利用されています。パターンマッチングアルゴリズムはこれらのシステムの中心であり、2つの異なる指紋画像を比較して個人を識別するために使用されます。世界自動指紋識別システム市場の成長は、犯罪およびテロ活動の増加、および世界中での大量移住の増加によって推進されると予測されています。

最近、セキュリティシステム内でのデジタルテクノロジーとソリューションの採用が急速に増加しています。企業や政府は、カードパンチングなどの従来のセキュリティシステムを廃止し、自動指紋識別システムなどの新しいテクノロジーベースのセキュリティシステムを採用しています。当初、指紋識別システムは手動で操作されていました。つまり、特徴点を比較することによって操作されていました。しかし、指紋識別におけるデータベースと自動化の統合により、これらのシステムの精度が向上しました。これらの要因は、予測期間中に自動指紋識別システム市場の成長を推進しています。

多くの国の政府は、国の行政システム内の透明性を高めるために、ある身分証明書を同じ個人の別の身分証明書とリンクしています。これは、セキュリティシステムにデジタルソリューションとテクノロジーを採用することによってのみ可能になります。セキュリティシステムのデジタルソリューションとテクノロジーは、政府とその機関が被害を被る前に犯罪者を予測し、特定するのに役立ちました。警察、諜報機関、銀行、政府などの国家、地域、地方レベルの当局は、セキュリティ、ヘルスケア、金融取引に関連する複数の利点があるため、システム内の透明性を維持するために自動指紋識別システムをインストールしています。これは、2022ー2031年の予測期間中に自動指紋識別システム市場に成長の機会を生み出しています。

しかし、データの盗難とデータのプライバシーに関する懸念の高まりは、予測期間中に自動指紋識別システム市場の成長を抑制する可能性があります。

自動指紋識別システム市場セグメント

自動指紋識別システム市場は、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、識別別(潜在印刷識別およびテンプリント識別)、業界別(政府・セキュリティ機関、BFSI、ヘルスケア、ホスピタリティ、運輸、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

自動指紋識別システム市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、自動指紋識別システム市場で世界最大の市場シェアを保持しています。これは、北米が世界中で最も多くの移民を抱えているためです。一方、アジア太平洋地域の自動指紋識別システム市場は、予測期間中に最大のCAGRで拡大すると予想されます。インド、中国、インドネシアなどのアジア太平洋諸国の政府は、人口の多い国々を処理するために、セキュリティシステム内でデジタル化を採用しています。この要因は、予測期間中にこの地域の自動指紋識別システム市場の成長を推進しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

自動指紋識別システム市場の主要なキープレーヤー

自動指紋識別システム市場の主要なキープレーヤーには、3M Cogent Inc.、Crossmatch Technologies Inc.、Dermalog Identification Systems Gmbh、Fujitsu Limited、HID Global Corporation、M2sys Technology、Morpho SA、NEC Corporation、Sonda Technologies Ltd.、Suprema Incorporationなどがあります。この調査には、自動指紋識別システム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110697

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp

渋谷データカウント

渋谷データカウントは、最も信頼性が高く最新の調査分析レポートを確実に提供する経験豊富な調査専門家のグローバルチームが提供する、さまざまな業界のさまざまな市場調査レポートを提供する再販代理店です。

Recommended reports

+