banner

アルコキシド市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

お客様の要件 についてお知らせください。
アルコキシド市場ー業界洞察、主要プレーヤー・企業別、成長機会別、最新傾向別、開発別、主要な成長ドライバー別、主要な課題別によってセグメンテーション、予測 2031年

アルコキシド市場は、2022年に24.0億米ドルの市場価値から、2031年までに38.3億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に6%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/alkoxide-market/110611

アルコキシドは、ウェットゲルの調製でよく使用される反応物であり、さまざまな非金属および金属化合物を形成するために利用できます。アルコキシドは湿気に敏感です。それらは、溶媒または大気中の微量の水の存在下で分解します。アルコキシドは強い極性を示します。アルコキシドの特性は、その製造に使用される金属とアルコールに大きく依存します。アルコキシドの物理化学的特性とその分子の複雑さがその特性を決定します。アルコキシドには多くの特性があります。例えば、これは、加熱しても溶けずに分解する能力があります。さらに、それは不揮発性であり、有機溶媒に不溶性であり、化学物質と反応する可能性があります。これらにより、幅広いアプリケーションでの使用に適しています。

アルコキシドは、医薬品の還元、酸化、凝縮、アルコキシル化などの化学反応時に有効成分を混合するために使用されます。農薬では、アルコキシドは農薬成分の合成における強塩基として機能します。さらに、アルカリ金属アルコキシドは、エステル交換およびアミド化反応の触媒として使用されます。潜在的なアルコキシドであるナトリウムメトキシドは、主にビタミンA1、ビタミンB1、スルファドキシン、スルファジアジン、トリメトプリムなどの生産に使用されます。これにより、今後数年間で、医薬品の生産と消費が促進されると見込まれています。これは、アルコキシドの需要を促進すると予測されています。

アルコキシド市場セグメント

アルコキシド市場は、アプリケーション別(農薬、建築・建設、電気・電子、パーソナルケア、医薬品、界面活性剤、硬化剤、およびその他)、および地域に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、製薬セグメントは、2019年に世界のアルコキシド市場の30%以上のシェアを持つ主要なセグメントでした。このセグメントは、2022ー2031年の間に引き続き優勢になると予測されています。アルコキシドは、医薬品を含むさまざまな用途で試薬および触媒として使用されます。技術の進歩、および製薬部門における研究開発活動の増加は、今後数年間で、アルコキシドの需要を牽引すると推定されています。アルコキシドは、製薬用途で、還元、酸化、凝縮、アルコキシル化などの化学反応時に有効成分をブレンドするために使用されます。したがって、製薬部門でのアルコキシドの需要の増加は、予測期間中にアルコキシド市場の成長を後押しすると予想されます。

アルコキシド市場の地域概要

アルコキシド市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域は、2019年に世界のアルコキシド市場の顕著なシェアを構成しました。この地域のアルコキシド市場は、予測期間中、急速に拡大し続けると予測されています。アジア太平洋地域は、2019年に世界のアルコキシド市場の40%以上のシェアを保持しました。アルコキシドの需要は、アジア太平洋地域、特に中国で、国内の医薬品、農薬、電子・電気用途でのアルコキシド製品の消費が増加しているために高くなっています。アルコキシドは、電子・電気、建築・建設、パーソナルケアの各分野で広く使用されている接着剤の製造における中間化学物質としても使用されています。したがって、接着剤の需要の増加は、今後数年間で、アジア太平洋地域でのアルコキシドの需要を推進する可能性があります。さらに、研究開発活動の成長とアルコキシドのアプリケーションの増加は、予測期間中にアジア太平洋地域でのアルコキシドの需要を後押しすると予測されています。

アルコキシド市場の主要なキープレーヤー

アルコキシド市場の主要なキープレーヤーには、Evonik Industries AG、Albemarle Corporation、Sumitomo Chemical Co., Ltd.、Gelest Inc.、Chemtech Alkoxides Pvt Ltd、Catalytic Technologies Ltd.、Norquay Technology、Suparna Chemicals Limited、Ascensus Specialties LLC、Strem Chemicals Incorporatedなどがあります。この調査には、アルコキシド市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-110611

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで]

SDKI.Inc

電話:+ 81 3 45720790  

Eメール:sales@sdki.jp